忍者ブログ

雑記帳

ごきげんよう

 海軍学校では色んな出自の連中をどこに出しても恥ずかしくない紳士にする教育方針なので挨拶は「ごきげんよう」だとかそういう話。燎も当然挨拶はごきげんよう。なにがでるかな。

ひとまず投稿のみー。また追記しますー。

拍手

My boys! Now be Heroes!!



さあ我が子たち、英雄になりたまえ!
 特に燎とかは隊員をマイボーイ・マイガールと呼びそう。
 海軍隊員が白兵戦をする際の武器はサーベルと長銃の術式兵器でいずれも支給品ですが、武士階級出身者の中には自分が持っている刀剣を軍刀の拵えにして使っている者もいます。そういう人のサーベルは支給されたものと若干見た目が違うのですがみんなあまり気にしない。そんなわけで重里のサーベルは反っています。

 前回の記事のとおり三人別に描いていた絵なので微妙に世界線が遠い。二人ずつのバージョンとか作って遊んでました。
重里と郡司の二人版とか。この二人はたぶん綾波の「あなたは死なないわ。私が守るもの」みたいな関係(?


 アニメ化したジョーカー・ゲーム見てたりオーディンスフィアクリアしたのでデュープリズム再開したり元気でやってます。8月に出る世界樹の迷宮欲しいなぁ。

拍手

さあ旅に出よう 新しい世界へ(追記)

 二代目三馬鹿。何となく、『オズの魔法使い』のかかしと木こりとライオンを思い出す三人です。
生まれも育ちも家庭の状況も海軍に入った理由も性格も趣味嗜好もバラバラの三人ですが、おかげでお互いを補い合うことができている感があります。

 連休は名古屋行ったり八王子の霊園行ったりオーディンスフィアクリアしたり料理したりしてました。

 絵自体もそれぞれ別に描いているのでなかなか進みませんなぁ。
絵がまだ完成しそうもないので追記で拍手コメントの返信など。コメント残していただき嬉しいです!
反転しておきます。

>2016/05/04 11:21
 お久しぶりです! PBeMを読み直してくださるだけでなく、こうしてまたサイトを覗いてくださり、メッセージまで残してくださり本当にありがとうございます。
私も最近ふとお元気かなと思っていたのでお元気と分かり嬉しいです。

 好きな仕草、確かに萌えよりもギャグテイストの強いのが若干いますね(? 食パンくわえて曲がり角でぶつかる姿が目に浮かぶようです。
私も良い声好きですが、それより更に上の境地ですね。確かに理解されづらいですが切実ですよね!

 ぜひまた、いつでも気軽に覗いてやってくださいー。

拍手

二人でワルツを

 気付けばひと月近く動きがありませんでしたが生きてます。
4月に異動したんですが、異動先が大変忙しかったりしています(現在進行形)
仕事はここ二年間の税金関係の仕事とはまったく違い、知的財産関係になりました。割と内向きと言うか職場内か同業他社とのやり取りばっかりだった仕事が急激に他業種との付き合いばかりになり毎日が刺激に溢れております。引き継いだ仕事上の課題も今までとはまったく質が違い、たいへん面倒くさそうな案件ばかりですが、想像を超えた驚きがあるというのはとても面白いです。

職場でこういうピンク色のベストを着ている人がいて私もピンク色のベスト欲しいなと思ったという絵です。なかなかここまでピンクなのは見たことがない…。

拍手

Break you down

 別々に描いていた絵をひとつに収めてみる。
彼らが術式を使う際に消費する神気を彼らは自然に取り込んで溜めているのですが、一度取り込まれた神気はその人の性質に合わせた気配を持つようになり、五感で感じにくい神気がはっきり五感で感じられる形で現れるようになります。燎は身の回りで電気がばしばしして、慶幸は闇を霧から油くらいまでの濃度に操作できる。何も考えずに編んだ簡素な構成の術式だとこの気配がダイレクトに反映された見てくれになり、シユが持っているのはその類ですという大変長い前フリ。

 術式の構成にはいわゆる定石のような大まかな基本型があり、筆跡のような個人差はあるものの、あまり個性を出す余地はないというのが一般的な認識ですが、同じ天神正統流の中にも派によってはその定石の打ち方に特徴があるものがあります。(術式の構成というのはピタゴラ装置みたいなもので、神気は装置に運ばれていくビー玉みたいなものだと思ってください)
 たとえば有楽の一派は二方向から螺旋状に術を構成していくという術式の編み方に特徴がある、という具合に。複線な分普通の人より発動が早いけど編み方が複雑なので、構成自体が複雑な大きな術式には向きません。反対に重里が祖父から教わった正統な術式は速度は出ないけど堅牢。燎も重里と同じ派に属しますが、個人的な趣味で基本型自体をかなり新解釈しています。
色々言いつつ、全部目に見えない世界の話なので読んでいる人は何が何やらでしょうね。この雑記の文章は料理におけるパセリだと思ってください。

拍手

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR