忍者ブログ

雑記帳

世界樹迷宮へようこそ

 世界樹の迷宮5、ソフト発売が待ちきれず体験版をやってみました。
体験版とは言えできることは盛りだくさんで、カンストしてマップも踏破した現在もあれこれ楽しんでおります。
敵の強さはかなり絶妙に調整してあり、緊張感がありますが、最近は中ボス狩りに挑戦するくらいの余裕は出ております。

 プレイキャラの容姿や声ををカスタマイズして、TRPGのように生い立ちや性格を設定できる作品なので、荒々ですが楽しく考えておりました。そんなわけで私のパーティの一部とその設定を。カガリがフェンサー、メイがハウンド、ユリがウォーロックです。カガリの外見はDLC待ちなので現在は全く別の容姿ですがまあそのあたりは。

 絵の方でも触れていますが、メイとユリは街にやってくる道すがら知り合って仲良くなった設定なので、ユリが戦闘不能になる度にメイが「大丈夫かおい!」って心配したり「許さねえぞ!」って敵に怒ったりしてくれるのがとても嬉しい。なお逆の場合、ユリさんからのコメントは特にありませんでした(? 普段も発語は短めでかつ少ないので動揺は胸に秘めるタイプなのでしょう。
 相性や親密度のようなパラメーターがあるのか知らないのですが、ユニオンスキルという複数人で発動するスキルを使う際、互いに応じさせていたからかもしれません。ユニオンスキルを呼び掛けたり応じたりするときの掛け合いが可愛いんですもの…。

 体験版の時点でかなり楽しんでいるので発売が本当に楽しみです。

拍手

Salamander


 海軍のお色気担当。海の日なのでもうちょっと海っぽい絵を描きたかったです。

拍手

てすさび

表情練習。
燎みたいな顔を描くの楽しいです。兄貴にはこういう顔で対応する。

普段よりも筆圧をデフォルメして伝える設定のペンで描いてみたんですが、入りと抜きがはっきりしすぎるのでなるべく一筆で描いた方が良く、迷い線が多い私向きではないなと思う反面、これで練習したら迷い線も多少は改善しそう。パス使えばいいという説もあるんですが、デジタル画とは言えタッチの個性も大切にしたいアナログな人間なので地道に丁寧に描くことを心がけたいと思います。

最近は仕事の研修に行っておりまして、研修前と昼休み、研修後に自席に戻って本来業務をこなす割とハードな日々です。

拍手

ごきげんよう

 海軍学校では色んな出自の連中をどこに出しても恥ずかしくない紳士にする教育方針なので挨拶は「ごきげんよう」だとかそういう話。燎も当然挨拶はごきげんよう。なにがでるかな。

ひとまず投稿のみー。また追記しますー。

拍手

My boys! Now be Heroes!!



さあ我が子たち、英雄になりたまえ!
 特に燎とかは隊員をマイボーイ・マイガールと呼びそう。
 海軍隊員が白兵戦をする際の武器はサーベルと長銃の術式兵器でいずれも支給品ですが、武士階級出身者の中には自分が持っている刀剣を軍刀の拵えにして使っている者もいます。そういう人のサーベルは支給されたものと若干見た目が違うのですがみんなあまり気にしない。そんなわけで重里のサーベルは反っています。

 前回の記事のとおり三人別に描いていた絵なので微妙に世界線が遠い。二人ずつのバージョンとか作って遊んでました。
重里と郡司の二人版とか。この二人はたぶん綾波の「あなたは死なないわ。私が守るもの」みたいな関係(?


 アニメ化したジョーカー・ゲーム見てたりオーディンスフィアクリアしたのでデュープリズム再開したり元気でやってます。8月に出る世界樹の迷宮欲しいなぁ。

拍手

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR