忍者ブログ

雑記帳

亡き王のために

あるところに王がいた。
王の国は深い森と輝く湖、険しい山と濃闇の谷を抱き、
王はその国の果てにある岩の城で静かに悠久の時を眺めていた。

王は孤独だった。
湖のほとり、断崖の上に建つ城にたった一人で住みながら、
いつ終わるとも知れないこの退屈な時間にほとほと嫌気が差していた。

そこで王は八体の人形を作った。王に代わり彼らが王の国を治めていくように。

 栄光の君アマデウス
 慈愛の君オルフェーオ
 正義の君ヘルガ
 信念の君フレッド
 勝利の君ビョルン
 調和の君イクセル
 理解の君セオドリク
 そして、純真の君エヴァンジェリン

王に作られた八体の人形は、その志に応えて八人の大臣となった。

※本文と絵は関係ありません。
燎が子供に何かお話をしてと頼まれてこういう適当な話を即興でこしらえるという小ネタがありました。

拍手

ミントフレイバーレイン

#リプもらった番号の色で絵を描く 01.チョコミント
カラーパレット提供元

 水姫さんにご指名いただきましたチョコミントで『シルバーレイン』の鈴鹿三祇郎。リプありがとうございます!
久しぶりに描きましたが、目力がついたと言って頂けて光栄でした。下のジュリーの深海魚は7色もどこに使おうかという感じでしたが、これは割と色が足りないなぁと思いながら描いておりました。求められる計画性!

 拍手コメントありがとうございます。少なくともあと二枚くらいは続く予定ですー。

拍手

ラビットパニック

 今年もいよいよ忙しくなってきましたが元気でやっております。
先日アベンジャーズAOU観てきました。前作以外の知識がないまま観ましたが、そのためかウィドちゃんとバナー博士の件は割と驚きませんでした。前作からウィドちゃんとハルクは何となくいい感じじゃありませんでしたか。追いかけっこしたり(命がけ)
 委員長キャラ好きな私は当然キャップが好きなので、今度やるらしいキャップ単体の映画が気になるところです。前作見てませんが。ヒーロー単体もカッコいいですがアベンジャーズのあの救世サークルみたいなまとまりのない団結が好きです。

拍手

おばけ

 未來とペルちゃん。リアを書いていて紛らわしさに気付きましたが未來のブランケットがお化けっぽいのは伏線とかではありません。
こういうブランケットを私が持っているというだけです。私のペルちゃんは濃いめの灰色。

 そんなわけでぼく学異聞の第一回を公開しました。リアクション部分だけに限れば今回は珍しく危なげなく書き終わりました。
お楽しみいただければ幸いです。
ひとまず細かい話は後で追記するとして、今は男を描きたい。軍服を描きたい。

拍手

神に詠唱う煉獄篇


 シルバーレインのPC、鈴鹿三祇郎。リアクションを見つけたら何だか懐かしくなって落書き。色々うろ覚えです。
三祇郎はアームブレードという種類の武器を愛用していましたが、私の勝手な解釈で刃の付いたトンファーになっていました。イラマスさんに丸投げしたらとても素敵なデザインにして頂けました。感謝感激。もういっこグレードアップした感じのも描いて頂きましたが、そちらも好きだったなぁ…。
差分を追記につっこんでおきます。

 シナリオのリアクションを読み直すまで忘れていましたが、メインジョブ(ファイアフォックス)の技にそれぞれ個人的に詠唱を付けたり、リアルタイムイベントのコメントで会話調じゃないことを言ったりしていました。割と自由にやっていたんですね。
 「其は焦がれ、瞬きひとつに灼け落ちる」(フレイムキャノン)
 「流れ降る星火のごとく地を慕え」(フレイムバインディング)
 「我が腕に宿れ浄火の朱鳥(あかみとり)」(フェニックスブロウ)
 「宵闇に 我差し招く 狐火よ 冥きを開け 幻火燎原」(リアルタイムイベント『土蜘蛛戦争』)
 「人も魔物も諸手を挙げて、立ちて踏めるは死の舞踏」(リアルタイムイベント『竜宮城決戦』)
土蜘蛛戦争のを見ると、三祇郎の素地は幸衡なのだなぁと改めて思い出します。こう、進化の系図的には幸衡と慶幸の間を埋めるミッシングリンク的な感じです(?
 ちなみに、いくつか参加したシナリオのうち洞窟に人食いカメを探しに行くシナリオが好きでした。三祇郎はほとんどなんとかヒロシ探検隊風のナレーションを入れる役だったのですが、読んでいる途中で私ですら「お前うるさいよ!」と言いたくなるいいアホの子っぷりでした。パーティメンバーの方々はもっと鬱陶しかったでしょうね。

拍手

〔油断大敵火がボーボーじゃないバージョン〕

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR