忍者ブログ

雑記帳

安眠法

 夜泣きする郡司を寝かしつける重里。ちなみに彼らが話しているのは幻獣の獏のことです。動物のバクは多分見たことがない。
 重里は(比較的)お坊ちゃんなので実家から健康維持に必要そうなものを色々送ってきてくれます。薬香とか手荒れの薬とか腹痛の薬とか。そういうものを惜しまず、かつ持てる者の気負いや負い目もなく他人に提供するあたりが重里のいかにもお坊ちゃんらしいところです。
 海軍学校の寮は大体同じくらいの時期に入学した連中を4人でひと部屋くらいに割り振りますが、途中脱落していく奴がいるので空いたところに別の期の人間が押し込まれることがあります。郡司は一年生の時に三年生の立花・重里と同部屋にされたかわいそうな生徒。立花も重里もそれなりに面倒はみてくれますが、やっぱりそれなりです。でも結局のところまともな人間で郡司に冷たい奴はいない海軍(学校)なのではないかと思います。郡司がいかにも弱そうなので郡司いじめ恥ずかしいみたいな風潮。郡司本人にとっては良いのか悪いのか分かりませんが。

 今月・来月は色々あって完全オフの日がほぼないので頑張って時間を盗んで更新していきたいですな…。

拍手

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR