忍者ブログ

雑記帳

友達になんかもどれっこない 君だけのために生きられない

 劇場版少女革命ウテナの予告編にこんなシーンがありまして、それがたいへん好きなので思い余ってパロディしてみたという絵。勢い任せに殴り書きの五代と慶華です。五代は長い襟足を切ると燎にしか見えない…描き分け…。
 このセリフは劇中にはなかったのですが、素敵なセリフだと思うのですよね…。TV版も含めて、本当にこの作品があったから今の私がある、と思える作品です。

 そう言えば、予定通り出向を終えて春から元の職場に戻ることが決まったのでいい加減真剣に荷造りをしないといけません。絵を描いていて引越し準備が終わらないとか、私らしいですがそんな危ない橋は渡りたくない。思えば、一人暮らしにあたって母に唯一言いつけられたのは絵に熱中して食事を抜かないことでした。全然進歩していない。



でも桜はまだ咲いていません。

拍手

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR