忍者ブログ

雑記帳

予言の鳥

 「ずっと不思議に思っていたのですが、海には森がないのですね」

 「お、おう…」という反応を一身に受ける、今日び珍しいくらいの世間知らず。ずっと世の中から隔絶した森の中で生きてきたので世界のすべては森だと思っています。「森」を象徴としての森と考えるとそれなりに哲学的な発言に聞こえるかもしれない。
 素肌にセーラーとかいつでも裸足とか歩くたびにジャラジャラ鳴る装飾品とか色々なことを一から教える必要があります。燎と同じような髪形なのは、もさもさを見かねた慶幸が切ったからとかそういう理由です。みんなあんな感じにされる上に光栄だろって言われる理不尽さ。
 カケアミ、相変わらず描くのが上手くはないのですが楽しかったです。

 隅で「よすみ」と読む、海軍の中で燎、散里に並ぶ変なと言うか難読名。あだ名は「ぐうちゃん」 ちなみに月夜野という地名は群馬に実際あります。月夜野は鬼道という天宅や鷲見の神祇信仰とは違う、シャマニズム的な色彩が濃い原始宗教をひっそりと守ってきた一族でして、隅とは現世から隠れた神霊のすむところという意味を持つ字なので、一族内ではさほど違和感のない名前なのではないかと。
 天宅家の重臣である橘田家の本領・榛原国は元々この原始宗教を奉じて天宅や鷲見に与していなかったのですが、いよいよ天宅に臣従するか滅ぼされるかを迫られたときに橘田、月夜野を含む鬼道の名家三家が集まって方針を話し合ったものの、①徹底抗戦すべき ②戦っても勝てない。鬼道を絶やすべきではない ③教義のとおりすべてはあるがまま、なりゆきに任せればよい と三者三様の意見で、最終的に他の二家を山野に追い散らした橘田が天宅の家臣として榛原を治めることを認めてもらったという歴史になっています。実際は他の二家に日陰者としての運命を甘んじて受け入れてもらう代わりに、自分たちが率先して鬼道を捨てる運命を甘んじて受け入れ天宅の目を誤魔化そうという①~③の案の間を取ったような結論になったという裏事情があります。月夜野はそれ以降(婚姻などのために多少の人的交流はあっても)本当に社会から離れてコミュニティを形成してきたので、隅が数百年ぶりに社会との接点を持った月夜野人。そんな空想です。

 連休も今日で終わりですね。私は昨日、姉と一緒に知り合いのおばあさまの家に遊びに行った以外は特に何事もない連休でした。時折話題にする小さい頃お世話になったおばあさまなのですが、そこの家の娘さんで私たち姉妹の姉貴分が、働いているスイスから帰国すると聞いてこのタイミングで行かねばと思った次第です。姉貴分とは言っても私たちの母と二歳くらいしか違わないのですが、相変わらずとても若々しい。昔のことも最近のことも、お互いのことをたくさん話して楽しい時間でした。

拍手

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

PR